2月18日:カマレポ カフェin京田辺のご報告

2月18日、カマレポ カフェin京田辺の第一回イベントを行いました。

寒い中たくさんのご来場をいただき、宇治や枚方などの遠方の方、ベビーや小さいお子さん連れはもちろん、

京田辺市と精華町の議員の方も足を運んでくださいました。

内容はカマ❤レポ動画のVol.0〜Vol.3の上映、少数に別れての茶話タイム、
100人の母たちのスライドショーも加えた豪華版となりました。

参考資料の展示や関連書籍・DVD、ふくしまkids デザインのTシャツやバッグ、支援グッズなどの紹介と物販も行いました。

有志の方が作ってくれた焼き菓子とハーブティーでのおもてなしも。
こちらには福島の子どもたちの保養を行っているNPO法人 沖縄・球美の里へのカンパをいただきました。

 

 



アンケート結果から感想と要望を抜粋でご紹介させていただきます。

○ご感想
・鎌仲さんのレポート、ひとりで見るより落ち込まず、心をシェアできました。
・もっと私たちはチェルノブイリ事故についてその後、どういう状態になっているか知る必要がありますね。
・カマレポは現場からの声がリアルに届きました。『小さき声のカノン』上映会、できるよう協力したいです。
・シビアな情報を耳にするたびに落ち込んでしまいます。でも落ち込んだ後には前を向いていくように心がけます。仲間がいることがなによりの宝です。
・何も知らず分からない状態で参加しましたが、原発問題はずっとずっと深刻で私たち一人ひとりが考えなければならない事なんだと、改めて考えさせらえました。
特に100人の母レポートでは同じ子をもつ母として胸を打たれました。これからはもっと深く、色々知って、色々な人とつながって、自分の知らない世界や価値観にふれて人生をもっと楽しく豊かで幸せなものにしていきたいです
・他の参加者の人たちとのふれあいがあったのもよかったです。
・100人の母たちのフィルムは美しかった。感動しました。こういう伝え方もあるんだと思いました。

○ご要望
・勤労者たちも参加できる工夫を!
・もっとたくさんの方と話したかった。

などなど…。

ご来場、ご協力をいただいた方々、改めてお礼申し上げます。

これからもいろんな企画を加え、継続的に行っていけたらと思います。
簡単ながら、イベントのご報告とお礼でした。